KURO

先日、東京ミッドタウンで行われたパイオニア・プレミアフェスタに行ってきました。
パイオニアのプラズマ、『KURO』の展示会です。
今まで何度も何度も大画面テレビを買おうと思い諦めてきたわけですが
今回のは本気で買っちゃうかもしれないくらいの期待で臨みました。

 ⇒リンク:プレミアフェスタ

c0070849_2228719.jpg





c0070849_22282267.jpg
会場にはスタッフのひとがずらり。
設備も気合いが入っていて、パイオニアの『KURO』に対する
意気込みが伝わってきました。
展示されていたのは発表された全4機種。
PDP-6010HD、PDP-5010HD、PDP-508HX、PDP-428HX。
メインホールに4機種が並んでいたほか、リビングシアターという
実際のリビングのセットに設置した部屋が4つ。
そして他機種との画質を比較するための部屋が1つ。
さらに評論家の講演が行われる部屋が1つでした。

c0070849_2230055.jpg
PDP-6010HD。
価格は99万円。ぶー゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )高い!っていうほどではないです。
60V型なら130万円くらいでくるかと思っていましたが、ここまで下げるとは。

映像はオーランド・ブルームのキングダム・オブ・ヘブン。

c0070849_22301319.jpg
PDP-5010HD。
価格は72万円。ぶー゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )安い!っていうほどではないですが
相当がんばった価格だと思います。


さてさて、感想をつらつらと。
どれもすごい!というのが結論です。
実は最初に見たときは「おー、きれいだなぁ」程度だったのです。
が、しばらく見つめていると、そのすごさがわかってきました。

●黒について
 ブランド名にもなっている『KURO』というその通り、黒がちゃんと黒でした。
 映画の上下の帯が周りの黒いフレームと一体化してました。
 真っ暗にしたときにはさすがにちょっと白っぽくなりますが
 薄暗い明かりの下では完全に黒。
 比較部屋では2つ前の機種507と某液晶と5010、508で比較が
 ありましたが、どう見ても違いが明らか。
 507と液晶はグレーっぽくなってました。特に液晶は【残念です。】

●画像処理について
 ノイズがこれでもかと抑えられていました。
 特に、細かいしましまが映ったときに出る虹のようなノイズ
 (クロスカラーノイズ)が全く出てなかったのに驚き。
 ブロックノイズ、モスキートノイズやらいろんなノイズが全然分からないレベルで
 真剣にアラ探しをしても無駄でした(;´∀`)

●価格について
 PDP-6010HD:990,000円
 PDP-5010HD:720,000円
 PDP-508HX:560,000円
 PDP-428HX:450,000円

 とのことですが、帰りにビックカメラで聞いたところ
 上から80万円台中~後半、648,000円、498,000円、398,000円に
 それぞれ10%のポイントということでした。
 某価格サイトの口コミでは5010が49万円、508が38万円とか!?
 そんなの提示されたら即決しますえ('Д')

●その他について
 画質を自動調整する『リビングモード』もよかったし
 24コマ表示を2-3プルダウンをせず滑らかに表示する
 『フィルム・スムース』機能もよかったし、他のプラズマと比べて
 消費電力が少ないうえに軽くて高級感があって文句なし!
 音は本体からは出してなかったのでわかりませんが、スピーカーも
 出力が上がって音に迫力が出たとかなんとか。
 現時点で完璧なプラズマと言っても過言ではないものでした。

 またフルHDとそうでない機種の差がほとんどなかったのがびっくり。
 字幕とか細かい文字とかを映さない限りは、5010と508の差は
 素人が見てわかるレベルではないです。

 ひとつ難があるとすれば、ちと値段が高いことぐらいかな(´・ω・`)


というわけで我が家では今度こそプラズマを買います。
ゲームをやるとすると文字のギザギザが気になるかもしれない・・・
と懸念があるため、508を横目に見つつ5010狙いで行こうかと。
でも10数万の違いがわかるかどうか?
結局待てずに早く出る安い508を買うかもしれませんが(;´∀`)
[PR]

by Dran_Ragnarok | 2007-08-31 22:14 | OTHERS(67)

<< ねんがんの キキルンフードを・・・ 獣人印章 >>

モバイルソリューション会社提供「社壊人になりました 」 by モバイルSEO