ホームシアター化への道 その3

フロントスピーカーD-308Eがリビングにそそり立つようになって早2週間。
一応CDコンポにつないで音楽は楽しんでおります。
他のセンターやらサラウンドスピーカーやらウーファーは隣の和室で
出番を今か今かと待ちながら息を潜めております( ノ∀`)

HDMI ver1.3aに対応するアンプがまずONKYOから発表されて
Pioneer、DENONからも続々発表がありました。

ONKYOから
TX-NA905 TX-SA805 TX-SA705 TX-SA605

ONKYOのIntegraブランドから
DTC-9.8 DTX-8.8 DTX-7.8 DTX-5.8

Pioneerから(↓URLおなじ)
VSA-AX1AH VSA-1017AV

DENONから(↓URLおなじ)
AVP-A1HD AVC-A1HD AVC-3808 AVC-2808 AVC-2308 AVC-1508

価格と性能から、前から考えてたTX-SA605DTX-5.8に決定。
後者のが3~4万円ほど高いですが、ハイエンドアンプのIntegraなので
音に関してはかなりの差があるとかないとか・・・
視聴してそれだけの音質の差があるかで決めようかな。

どちらもSACDのDSD入力には対応してないみたいですが
再生側のPS3もDSD出力に対応しておらず、本体で変換して
PCM出力する仕様なのでそこは問題ないかなーと。
PS3はそのうちアップデートで対応するかもしれませんが
どれだけ音が変わるものか? 素人の耳じゃサッパリかも(;´ー`)

あとはロスレス音源のDolby TrueHD、DTS HD Master Audioの
デコード対応なのにプレーヤーがビットストリーム出力に未対応という、
アンプが先走っちゃってる現状を早くなんとかしてほしいものです。
[PR]

by Dran_Ragnarok | 2007-07-06 22:28 | OTHERS(67)

<< DSのゼルダをやってみた ダイ・ハード4.0 >>

モバイルソリューション会社提供「社壊人になりました 」 by モバイルSEO