CEATEC 2006レポ その1

去年に引き続き、今年もCEATEC JAPAN 2006に行ってきました。
場所は同じく幕張メッセ。TGSもここだったし、もう気分は常連さん。
 ⇒去年の記事
 ⇒TGS2006の記事(最初の写真がおそろしく似た構図です)

その1はBlu-ray・PLAY STATION3編。
このブログでもずーっとカウントダウンしてるのですよ。
11月11日に決まってすぐ始めたので、あと100何日なんてところから今日であと35日。
月日のたつのは早いものです。
c0070849_15124399.jpg




c0070849_156513.jpg
今回はやはり次世代ディスクのBlu-rayとHD DVDのPR合戦といったところで、
どちらもがんばってました。個人的にはBlu-rayのほうが好き。
ひいき目もあるかもしれませんが、PRはBlu-rayが勝ってた気がします。

でもPS2で普及したDVDと同じようにはPS3ではいかないだろうし、HD DVDの
最大のメリットである低コストは大きいし。ちょっと高い(と思われる)Blu-rayが
すんなり受け入れられる保証は全くありません。
というかまず次世代ディスクの恩恵を受けられるだけの視聴環境を持つ人が
まだ多くない、というのがスタートダッシュの遅さを懸念させます。
c0070849_1541560.jpg
↑Blu-rayのロゴが消えてしまった悲しい図。
c0070849_16251398.jpg
↑HITACHIのBDレコーダー。
c0070849_16253980.jpg
↑SHARPのBDレコーダー。
他にもありましたが、どれも同じような感じだったので撮影省略。

PS3はゲームショウより人が少なかったので、じっくり近くで見ることができました。
見てるとほしくなるわー(*'-')
c0070849_157747.jpg
c0070849_1572157.jpg
↑20GBモデルにもHDMI端子がちゃんとついてます。

dtsブースの人が言ってたんですが、dtsには
・DTS-HD Master Audio(転送レート24.5Mbps)
    96KHz 7.1ch、192KHz 6chロスレス対応
・DTS-HD High Resolution Audio(転送レート6Mbps)
    96KHz 7.1ch対応
・DTS Encore(転送レート1.5Mbps)
    48KHz 5.1ch対応
・DTS Digital Surround(転送レート768Kbps)
    48KHz 5.1ch対応
という4つの規格があるそうです。このうち最上位のMaster Audioは
HDMI ver1.3のオーディオ性能を重視したバージョンにしか対応しておらず
同じver1.3を搭載したPS3でもこれは出力できないとのこと。
ver1.3にもいくつか規格があるなんて聞いてなかった( ノД`)
ちょっとショックですが、聴いてわかるだけの耳を持っているかどうかは
自信がまったくないので気にしないってことで。
まだ対応アンプも出てないそうです。将来はスピーカー8本が主流に?

c0070849_15434535.jpg
SONYブースでは初めての横置きで展示されていました。
横置きのほうが重量感があり、どっしりとしているような気がします。

真ん中のリモコンは『BD Remote Controller 12月7日発売予定』と書いてありますが
PS3で挟んであるってことはPS3の専用リモコンなんでしょうかね。
まぁ便利かもしれないけどたぶん買わずにスルーだと思います(ぉ
c0070849_1547346.jpg
60GBモデルは相変わらずのオープン価格。
20GBが49,980円なので15,000円プラスの64,980円くらいを予想してます。
いくらになるかはわかりませんが、どうせ買うなら上位モデルがいいよねっ( ´∀`)


ということでBlu-ray・PS3編でした。
次は大画面TV編をお送りする予定です。お楽しみに~
[PR]

by Dran_Ragnarok | 2006-10-07 22:50 | REAL(97)

<< CEATEC 2006レポ その2 ポケモンにっき 4日目 >>

モバイルソリューション会社提供「社壊人になりました 」 by モバイルSEO