FFXII・1日目

買ってきましたよ、近所のセブンイレブンで。午前1時半に。
いやー待ち遠しかった(´∀`)
時間までプロモとかCMとか見て、気持ちを高めてました。
買ったらマジダッシュで帰宅。遅刻しそうなときよりもスピード出てたな(´・ω・`)

やってみて、まず。
おなじみのアノ曲が使われてて感動。IX以来ですね。
そしてOPムービーは綺麗で迫力あって・・・しかも長い。これは大満足です。
ほんとにコレ映画だって思えるほどすごい。

説明書を読まなくてもわかるように、歩き方から全部教えてくれるようになってます。
これは親切。
操作・システムに関しては良好。マップもスッキリ見やすいし、目的地も表示されるし。
あと話を聞けるNPCには会話アイコンがついてるので、全員調べるのめんどい・・・
という事態にはなりません。それでも結構多いですが。
あと話が進むにつれて徐々にメインメニューが増えていくので、最初から全部いじって
頭がパンクしたりすることもありません。

『L1ボタンでオートラン』、無意識にやっちゃわない?(ノ∀`)
この機能つけてほしかったなぁ。
c0070849_0535137.jpg
続いてバトルは・・・FFXIでした。
今回はエンカウントではなく、最初から敵がウロウロしてるのです。
良く言えば臨場感があってスピーディ、悪く言えばメリハリがない。
ちなみにHPゲージが黄緑のはノンアク、オレンジがアクティブっぽいです。
あとターゲットしたときの敵の名前が青ならレベル下、黄色なら同レベルくらい、
赤なら上です
。ライブラで見るとレベルがわかります。
そのとき名前は青なので、自分とのレベル差を勘違いしないよう注意。

キャラからキャラへの青とか赤とかのラインは、わかりやすくていいです。
無駄にぴゅんぴゅんやってみたりなんかして(´ー`)
誰がターゲットされてるかがわかるので、パニックにもならなさそう。

装備がちょっとキツイ。
どんなにいい装備があったとしても、ライセンスがないと装備できないのです。
ライセンス盤は2種類、武具用盤と技・ステータス・アクセサリ用盤があります。
技を覚えたりステータスばっかり上げてると、いつまでたっても初期装備なので
適度に割り振ってあげることをお忘れなく。
魔法や技も、スクロールを買う→ライセンス取得 で初めて使えるようになります。

あとガンビットは自由にカスタマイズできるので、いろいろ試してみる価値アリ。
完全に手離しでも戦闘できちゃったりします。
いま使ってるのは
1.HP40%未満の味方がいたらケアル
2.リーダーがターゲットした敵に攻撃
3.味方がターゲットされてたら攻撃
4.自分がターゲットされてたら攻撃
みたいな感じ。
暗闇状態の味方がいたらブラナをかける、なんてのもできます。
魔法が旧シリーズの名前ってのが多いですね。
ブライナじゃなくてブラナ、サイレナじゃなくてボキャル、など。
ちと戸惑う(´・ω・`;)

レベルはあんまり上がらない印象があります。
上がると基礎ステータスがアップ。
それと別のポイントで、ライセンス盤から技を習得したり。
このライセンス盤、ローグギャラクシーにとっても似てる・・・
弱い敵ばかり倒せば、『レベルが低いわりに強いPT』もできるはずです。


とりあえずこのへんまでで・・・まとまりない文章になってしもうたですm(_ _)m
いま平均レベルは15~16で、砂漠越えに挑戦中であります。
[PR]

by Dran_Ragnarok | 2006-03-16 23:28 | GAME(79)

<< FFXII・2日目 シェフへの道 Vol.4 >>

モバイルソリューション会社提供「社壊人になりました 」 by モバイルSEO