戦国自衛隊1549

11日にお台場で観てきました。『戦国自衛隊1549』。
公開日だったのですが混んでる感じではなく、けっこう余裕がありました。
お台場、遠いしね(´・ω・`)

公式サイトより一部引用。
 陸上自衛隊で秘密裏に行われた人工磁場発生器の実験中に、神崎怜2尉(鈴木京香)の判断ミスによる大規模な暴走事故が発生。的場1佐(鹿賀丈史)率いる実験部隊は時空の震動に呑み込まれ、460年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった。

 かつて的場が創設した特殊部隊Fユニットの一員でありながら、今は居酒屋でしがない雇われ店長の身に甘んじている鹿島勇祐(江口洋介)は、ある晩、店に訪れた怜の口からそれらの真相を聞かされる。時空の彼方に消えた的場たちを救い、現代の消失を食い止めるため、防衛庁はひそかに二度目のタイムスリップを行う計画を進めており、怜は誰よりも的場のことを知る鹿島に協力を求めにきたのだ。

 だが、政治的な事情でFユニットが解散に追い込まれて以来、捨て鉢に生きてきた鹿島は、怜の熱を帯びた懇願を断ってしまう。こんな世界、消えてしまえばいい・・・・・・。そう嘯く鹿島だったが、的場たちと入れ替わるようにして現代にやってきた戦国時代の侍・七兵衛(北村一輝)と出会い、その言葉に触発されると、救出部隊ロメオ隊への参加を決めるのだった。





戦の前って名を名乗ったりとかすると思いきや、自衛隊の姿を見た瞬間に襲ってきます。
ひでぶ(゜Д゜)

戦車やらヘルコプターやら銃器もあって、自衛隊が余裕で勝つかと思ったら大間違い。
戦慣れしていた戦国武士はめちゃくちゃ強いです(゜Д゜)
弓矢で確実に狙ってくるし、周りの草に身を潜めて奇襲とか。
ほんとにそこまで強かったのかどうかは知る由もありませんが、訓練だけで
やってきた現代の隊員たちはバッタバッタと倒されていきます。

偵察に出たヘリコプター。
信長のいる安母城に近づくと、なぜか誘導弾が(゜Д゜)

どかーん(゜Д゜)


この先は映画館でっヽ(`Д´)ノ(ぉ



信長の正体、それはなんとあの人だった!

そして信長の野望とは・・・?

的場1佐達の歴史への干渉によって、現代の日本が消える!?

的場の、鹿島の、そして日本の運命やいかに!



今回ちょっと手抜きかな(;´∀`)

やふ~映画の掲示板だとけっこう評判悪かったので期待はそこそこだったのですが
意外とおもしろかったのでよかったです。次は宇宙戦争かなっ

                              評価★★★★
[PR]

by Dran_Ragnarok | 2005-06-19 18:22 | MOVIE(37)

<< ちょっとした事件 今度のバージョンアップ >>

モバイルソリューション会社提供「社壊人になりました 」 by モバイルSEO